当院の院長は「国際歯周内科学研究会」の会員です。
この研究会は患者様、歯科医師、歯科衛生士が普通に行い、普通に治る治療の開発普及をめざしています。

従来非常に治りにくいと言われていた歯周病が内科的な考え方により、高い確率で改善するようになりました。

薬で治す新しい歯周病治療=歯周内科治療の治療方法

歯周内科治療とは?

簡単に言うと、「お口(歯周病)の除菌治療」です。
除菌方法は、モニターを用いた顕微鏡検査によりお口の細菌の種類や数などを検査し、その細菌に合うお薬や歯磨剤を用いてお口の中をきれいに除菌するので確実です。
歯周病が進行していない場合でも、除菌方法を行うことにより、これからの歯周病が進行しにくくなるため、最適な予防法ともいえます。

歯周内科治療の治療方法

この治療方法には4つの大きなポイントがあります。
【1】位相差顕微鏡による菌の確認
【2】歯周病菌のDNA検査(オプション)
【3】細菌の除去薬剤の内服
【4】除菌後の速やかな歯石とり

特に【1】は、非常に大きなポイントです。位相差顕微鏡でお口の菌を確認しなくてはなりません。
歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。
位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。

<注>「お薬を使う、DNA検査をする」等は希望に沿って行います。要は従来のようにプラークの量を減らすだけでなく、プラークの質を変える事を考えています。

位相差顕微鏡検査で歯周病菌を見る⇒

顕微鏡とくすりによる治療⇒